猫はこたつで丸くなる

生活雑貨 comments(0) trackbacks(0) アル中ル
『いきものにサンキュー』というTV番組があります。 2月はネコの月(なんだそうです。)ということで、ネコ特集をやったんですが、 番組の中で、「猫はこたつで丸くなる」という言葉を検証したところ、 猫はこたつで丸くならないという結論になりました。 15℃以上が猫にとって快適なんだそうです。 まぁ、熱帯、亜熱帯の生き物ですから、当然です。 寒がりの猫は当然こたつの中に潜り込みたがります。 こたつの中は15℃以上はあるでしょうから、猫にとっては快適です。 寒いと、ネコはお腹の熱を逃がさないように丸くなるんですが、 熱いと身体を伸ばして放熱するようにするんだそうです。 日向でだらーっと日光浴しているのは、このためなんでしょう。 つまり、猫はこたつで丸くならずに伸びていなければならないわけです。 こたつの中の猫の映像は、もちろん伸びていました。 したがって、丸くならないという番組の結論が出たわけです。 では、なぜ「猫はこたつで丸くなる」という言葉ができたのでしょう。 答えは、「猫はこたつで丸くなる」からです。 今のこたつは電気ですから、中に潜り込めます。 しかしかつては、こたつの熱源は炭か七輪でした。 つまり、潜り込めないのです。 こたつに入っていると、猫が寄ってきて膝の上で丸くなります。 人がいなくても、こたつの上で丸くなってます。 真実は時代によって異なるという、教訓的な番組でした。 いつもかわいい猫ちゃんと一緒。ねこグッズいっぱいのショップ。「ねこグッズ通販専科」です。

寝る子と書いてネコ、知りませんでした

生活雑貨 comments(0) trackbacks(0) アル中ル
猫は一日の2/3を寝て過ごすそうです。
グタ〜ッとしている姿をよく見ますが、
夜行性だから、昼は不活発なんだろうと思っていたら、違ったようです。

アニマルプラネットの「にゃんこの城」によると、
猫がよく寝ているのは、獲物を捕るためのエネルギーを温存しておく必要があるからなんだそうです。

ネコはまた、体をよく嘗め回しますが、
あれは抜け毛や汚れを取るためで、きれい好きといえばきれい好きなんですが、
実は、獲物を捕るとき、抜け毛や匂いで気づかれないようにするためなんだとか。

飼い主がえさを運んでくれる現代の飼い猫は、獲物を取る必要はなくなっているのですが、
もう一つ大事な役割があって、体温調整をやっているのだそうです。

犬は口を開けてハァハァやってますが、猫がハァハァしている姿は見たことがありません。
猫は体をなめて、ついた唾液が蒸発するときに気化熱を奪うことで体温調節しているんだそうです。

猫ちゃんがかわいいからと言って、あまりグルーミングはしないほうがいいそうです。

いつもかわいい猫ちゃんと一緒。ねこグッズいっぱいのショップ。「ねこグッズ通販専科
こんな猫グッズがいっぱいです。



猫人気がすご〜い

生活雑貨 comments(0) trackbacks(0) アル中ル
世の猫フィーバーはとどまるところを知らないかのようです。 ロンドンにもネコカフェができたというニュースをみました。 ゴスロリやコスプレなどが日本を飛び出したことに驚いていたのに、 日本発ネコカフェまでもが外国文化に浸透し始めているのにはびっくりです。 まぁ、猫の魅力の虜になるのは、日本人に限ったことではありませんから、 ネコカフェがロンドンにできたからといって、騒ぐほどのことではないのですが。 衛星放送にアニマルプラネットという局がありますが、 2月はネコ月間として、猫に関する番組を特集しています。 ネコ人気、恐るべし。 「にゃんこの城」という番組がありまして、 猫がかわいい100の理由を紹介しています。 100集めるのに、若干無理して理由付けしてない? と、突っ込みたくなるのもあるにはありますが、 ネコ好きにはお役に立つ情報や、 そうだったのか、おもわず納得しちゃうものもあります。 そこから、いくつかを選んで紹介していきたいと思います。

猫を飼うと、病気が治り、長生きできる!?

生活雑貨 comments(0) trackbacks(0) アル中ル
アメリカのミネソタ大学というところが、
猫の飼育と心疾患との関係を調べた論文を出したそうです。

その道の人には有名な話らしく、その道の人でない人には初めて聞いた、という方も多いのでは。

猫を抱いているとき、のどを撫でてやると、ゴロゴロという音を出しますが、
この音が、イルカの鳴き声のクリック音という物に、波形とリズムが似ているそうです。
実は、イルカと接していると、うつ病の患者さんが改善に向かうんだそうで、

それにはこのクリック音が関係しているのではないかというのです。
NHKのサイエンスゼロで言ってたから、たぶん本当なのでしょう。

そういえば、民放で、自閉症の少女がイルカと遊んでいるうちによくなるので、
そういう治療をやっている場所を紹介する番組がありました。

話だけで、いかにも関係ありそうな気がしてきます。

ミネソタ大学の研究に戻ると、
35歳から70歳を対象に、猫を飼ったことがある、飼っている人と、飼ったことのない人を比較してみると、
飼っている人は、心筋梗塞だ亡くなるか確率が、40%も低かったそうです。

心臓疾患にはストレスが関係していますから、それを和らげてくれるのでは、
というのが、サイエンスゼロの結論でした。

女性のほうが長生きするということと考え合わせると、
こたつの上で丸くなってる猫のわきには、おじいちゃんではなく、
おばあちゃんが転寝している絵のほうがしっくりくるのは、何か関係あるのでしょうか。

関係ないっ、か。

ゴロゴロ音は出しませんが、フィギュアを見ているだけで癒される猫グッズは、
ねこグッズ通販専科」でどうぞ。


猫は抱いたら気持ちイイ

生活雑貨 comments(0) trackbacks(0) アル中ル
人がペットを飼うのは、癒されるからです。
まったく、人間同士の付き合いくらい煩わしいものはありません。

犬や猫と触れ合ったとき、人の脳がどういう反応をするか、
研究している人がいるんですね。

NHKのサイエンスゼロでは、それらの研究とその成果を、
ちゃんと電波で報告してくれています。

(NHKさん、受信料、ちゃ〜んと払ってますよ〜)

人の脳に、非言語コミュニケーションと呼ばれる部位があるんだそうですが、
犬や猫に触れると、そこの反応が活発になります。

猫に触れた場合、犬の時よりも倍くらい反応が大きくなりますが、
猫のほうが触り心地がいいからでは、というあっさりした答えでした。

面白いのは、
猫は人の言うことを聞いたり聞かなかったり気まぐれですが、
いうことを聞かなかった時のほうが、反応が活発になっていました。
ツンデレされると、返って気を引こうといろいろ考えるのかもしれません。

ところが犬の場合だと、いうことを聞いた時のほうが血流量が増えるという、
まったく逆の結果が出たんだそうです。

要するに、ペットに何を望むかによって、猫にするか犬にするかという、
当たり前の結果になりました。

それにしても、人間が一番勝手でめんどくさい生き物です。

猫に囲まれていきたい、という人のための「ねこグッズ通販専科
こんな商品があります。
無料ブログ作成サービス JUGEM